生命保険とは

生命保険(せいめいほけん)とは、生命や病気・事故にかかってしまった損失を保障することを目的とする保険の一種です。生命保険契約によって、死亡や入院などの条件において保険会社が加入者に保険金を支払うことを約束するものです。生保(せいほ)と略される場合もあります。日本では、基本的に生命保険会社が生命保険商品を扱っています。また生命保険では、統計的なデータに基づいて、年齢ごとの死亡率に応じた保険料が設定されています。簡単に説明しますと、少人数の場合、誰がいつ亡くなるかは、全く分からりません。しかし大人数の場合は、統計的な死亡率に近づくことになります。コインを沢山投げれば投げるほど、表と裏の確率が半々になるのと同じ原理です。

つまり、各年齢ごとに保険料を払う人数と、亡くなって保険金を受け取る人数が推定できることになり、確率に応じて保険料に差をつけることが考えられました。これは18世紀にイギリスで出来た制度ですが、現在の生命保険のルーツとなっています。最後に、生命保険会社は集めた保険料を、ただ貯金しているわけではありません。保険料を運用し、収益を上げています。個人投資家に対して、機関投資家という言葉がありますが、保険会社もこの機関投資家の一部とされています。






契約が長く続いた生命保険や死亡保険を考えるにあたって失敗しないために注目すべきことは告知義務違反をしないかをよく認識することです。体調が悪かったりそんな状況での生命保険見直しで納得するには告知義務も考えましょう。-

自動車保険選びということはよく分からないことです。無駄がない自動車保険を選択することは難しいことです。そこで商品見積りが保険ではできるようになっています。保険見積りが便利にできるようになりました。保険については保険の見積りはネットをうまくつかうことが重要な注意点です。-